事例73 損害額総額 治療費含め総額約486万円を認めさせた事例

損害額総額 治療費含め総額約486万円を認めさせた事例

依頼者

30代男性 会社員

等級・部位

頸部 腰部 14級

事案の概要

お客様は、信号待ちで停車中に、後部から追突される事故に遭いました。 事故直後から頸部、腰部に神経症状が残存し、今後の治療費の支払いにも不安を感じられたことから、弁護士特約を利用して当事務所に、対応の一切を依頼することになりました。

解決に至るまで

まず、当面は治療に集中することにして、また、治療費の打ち切りや、後遺障害認定の可能性も踏まえて適切な治療方針を立て、定期的に相手保険会社にも状況を報告しつつ、治療の打ち切りの申し入れも断り、約半年の治療を継続した時点で、症状の改善が見られないことから、後遺障害認定の申し立てをすることにしました。
当事務所において、画像、診断書、レセプトその他の資料を収集し、受傷起点の程度の資料として物損の資料も添付の上で、お客様の代理人として、被害者請求を行いました。結果、14等級が認定されました。
14等級認定後、自賠責保険から支給された保険金75万円がお客様に入金されましたが、引き続き賠償の交渉を続けました。
基準としては、いわゆる赤い本の基準に基づき算定した金額で交渉し(後遺障害の逸失利益は5年間で請求)、当初は80%の金額提示をしていた相手保険会社も、当方が1円も減額するつもりはない旨申し入れた結果、当方の請求金額を全額認める内容での和解に応じたため、後遺障害等級の認定から2カ月弱で、いわゆる赤本基準に基づく請求額満額を回収して解決しました。

解決のポイント

・後遺障害認定の可能性を踏まえて当初の治療から関与したことで円滑に後遺症の認定を受けることができた。

・賠償交渉についても、任意交渉による解決にこだわらない姿勢を貫いたことで、譲歩無く解決することができた。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら

  • 交通事故無料法律相談のご予約
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない・・・どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない…どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償金額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ