事例4 会社員の30代(事故当時)男性 平成24年

事例4 後遺症非該当の診断から、14級認定の変更を勝ち取り、賠償額が約4倍に増額された事例

依頼者 : 30代 男性 会社員

解決に至るまで

相談者は、普通乗用自動車の後部座席で横になって仮眠を取っていたところ、後方から普通乗用自動車に衝突されてしまい、骨折等はしませんでしたが、腰等を強く打ち、打撲の診断を受けました。

その後治療が打ち切られたことから、保険会社を通じて、後遺症の事前認定手続を行ったところ、後遺症非該当の診断を受け、既払い金に加えて72万9110円という極めて低額の呈示をされたことから、当事務所に相談に訪れました。

当事務所で受任後、相談者と一緒に主治医のもとを訪問し、あらためて診断書を作成してもらいました。この診断書を踏まえて、事故の状況から現在に至るまでの症状の変遷といった内容を記載した異議申立書を作成して異議を申し立てしたところ、非該当から14級の後遺症認定への変更を勝ち取りました。

後遺症の認定取得後、保険会社とあらためて交渉を行い、通院慰謝料や逸失利益等も、ほぼ裁判基準と同額で支払うことを認めさせました。

その結果、当初保険会社から呈示されていた金額である72万9110円から、後遺症分も含めて大幅に増額させた金額、301万8557円の支払いを受ける内容で和解を成立させることができました。

 

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら

  • 交通事故無料法律相談のご予約
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない・・・どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない…どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償金額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ