7 胸鎖関節脱臼(きょうさかんせつだっきゅう )

鎖骨.gif

 

 この症状も、バイクの事故等で、見られる症状の一つです。

胸鎖関節は、鎖骨近位端(体に近い方の骨の端です)が、胸骨と接する部分で、先に説明した肩鎖関節の反対に位置しています。 胸鎖関節は、衝突や墜落などで、肩や腕が、後方に引っ張られた際に、鎖骨近位端が、第1肋骨を支点として前方に脱臼すると言われています。

鎖骨の近位端部が、前方に飛び出していることが、裸体で確認できるような事案であれば、肩鎖関節脱臼と同じように、「鎖骨近位端の変形」(と痛み)で12級5号、右肩関節の機能障害で、12級6号が認定されれば、併合11級となります。

胸鎖関節脱臼における後遺障害のポイント

1)肩関節の可動域
リハビリ治療を続けることは大切ですが、どの時点で症状固定として後遺症の診断を受けるのかは、検討が必要です。
症状固定を前提とすると、その後の治療費は、保険会社が支払いませんし、訴訟等でも症状固定後の治療費は、事故とは因果関係の無い支出として、損害としては認められないのが原則です。
他方で、長期に渡ってリハビリを続けていった場合、認定される後遺症の等級に変化が生じる可能性もあります。  回復の余地がある限り治療は続けるべきであり、回復の余地があるのであれば、症状は未だ固定していないため、後遺症が認定されるのはおかしいということになりますが、この点は評価が難しいところです。

2) 肩関節から最も離れた鎖骨の部分(近位端)の脱臼で、どうして肩関節に機能障害を残すのでしょうか
骨と骨は、連動しています。鎖骨全体のCT等により、稼働時の鎖骨の走行に変化が生じていれば、肩関節に機能障害を来しても不思議ではありません。

肩関節は、上腕骨頭が肩甲関節に遠慮がちに寄り添う構造です。 肩甲骨は、鎖骨にぶら下がっている形状で、胸郭=肋骨の一部に乗っかっています。 つまり、肩鎖関節と胸鎖関節、肩甲骨の胸郭付着部は連動しており、胸鎖関節が脱臼したことにより、全体の動きに支障が生じることは十分にあり得る話しです。

3) 右鎖骨近位端の変形
鎖骨の図.gifのサムネール画像

胸鎖関節脱臼で鎖骨が突出するのは、○印の部分です。

 

胸鎖関節脱臼による変形も、外観により判断します。
骨は、肉に包まれているため、患部周囲の脂肪が厚すぎると、患部の異常が外観からは目立たなくなり、変形の有無が判断できなくなります。
同じ変形でも、痩せている人と、太っている人で、自賠責の認定においては、胸鎖関節部の突出変形の認定結果が異なる可能性があることは、考慮する必要があるでしょう。

 

 

 

 

 

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら

  • 交通事故無料法律相談のご予約
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない・・・どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない…どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償金額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ