胸腹部臓器の外傷と後遺障害について

 

胸腹部臓器の外傷と後遺障害は、自賠法では、以下の5つに分類されています。

①呼吸器

②循環器

③腹部臓器

④泌尿器

⑤生殖器

 

複数の臓器に障害を残すときは、併合によって、障害等級が認定されています。

複数の臓器に障害を残し、常時や随時介護を必要とする重症例では、別表Ⅰが適用されています。

 

呼吸器の仕組みについて

 

ヒトは、息をしながら、美味しいものを食べて、命を長らえています。

生命を維持するには、酸素と栄養素を体内に取り込むことが必要不可欠です。

196-1.jpg

酸素を体内に取り込むのは呼吸器系、栄養素を取り込むのは消化器系の仕事です。

胸膜は、肺を直接包み込んでいます。

左右の肺に挟まれた胸腔の正中部は縦隔と呼ばれ、心臓、胸腺、気管、気管支、食道、大動脈、大静脈、胸管、神経などの器官が存在しています。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら