脊髄の後角障害、後根障害

 

190-1.jpg

先に、頚髄前角部の損傷である前角障害、前根部の損傷である前根障害を説明していますが、本症例は、頚髄の後部に位置する後角部あるいは後根部が損傷したものです。

脊髄損傷のカテゴリーであり、ムチウチではありません。

 

触覚、姿勢、痛み、温度などの感覚情報の信号を体から脊髄に伝えます。

 

 

後角部には、感覚性の神経細胞が多数集合しており、触覚、姿勢、痛み、温度などの感覚情報の信号を体から脊髄に伝えています。

後根障害では、全ての感覚線維が障害されるが、温・痛覚障害を残すものの、触覚は侵されることが少ないと報告されています。

 

後根は、脊髄神経の内、感覚神経が脊髄に入り込む神経根であり、体性感覚または内臓感覚の情報がここを通って中枢にもたらされています。

後根が障害されると、体の一部分の体性感覚が麻痺し、神経根痛を発症します。

 

※体性感覚とは、目・耳・鼻・舌などの感覚器以外で感知する感覚のことで、触覚、痛覚などの皮膚感覚、筋の収縮状態を感知する深部感覚、内臓の痛覚などを体性感覚と呼んでいます。

 

 

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら