肘関節脱臼 (ちゅうかんせつだっきゅう)

 

外傷性の脱臼では肩関節に次いで発症します。

交通事故では、二輪車を運転中、手をつくように転倒した際に発症しています。

166-1.jpg

 

大部分は肘の後ろに抜ける後方脱臼です。

後方脱臼では尺骨が上腕骨の後方に脱臼し、強い痛み、肘の曲げ伸ばしができなくなります。

XPでチェックできるのですが、外見からでも尺骨が後方に飛び出していることが確認できます。

 

前方脱臼では肘を曲げた状態で肘をぶつけたときなどに発症することが多く、上腕骨の先端が飛び出し、肘頭の骨折を合併することがほとんどです。

脱臼に骨折を合併するときは、動揺関節や可動域制限などの後遺障害を残します。

166-2.jpg

 

治療は、全身麻酔下に徒手整復、肘関節を90°に曲げた状態で3週間程度のギプス固定がなされ、

このレベルでは、後遺障害を残すことなく改善が得られます。

 166-3.jpg

 

肘関節の脱臼と同時に内・外側副靭帯の損傷や橈骨頭骨折、尺骨鉤状突起骨折、上腕骨内上顆骨折、上腕骨小頭骨折、上腕動脈損傷、尺骨神経麻痺等を合併するものは、オペの適用となります。

このレベルでは肘に動揺関節、可動域の制限を残したりすることが考えられます。

いずれも、126号以上が認められる可能性があります。

 

 

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら