膝蓋骨々軟骨々折とスリーブ骨折

膝蓋骨の裏の軟骨面は、大腿骨の前面の軟骨と関節を形成しています。

これを、膝蓋大腿関節と呼びます。

膝蓋骨々軟骨々折は、若年の女性に多く、膝蓋骨脱臼に伴うもので、膝蓋骨の内側に小さな軟骨片が残置しています。膝蓋骨が脱臼するとき、元の位置に戻るときに、大腿骨の外側の突起と膝蓋骨が衝突し、こすれあって、膝蓋骨軟骨々折が起こるのです。

手術により、骨片を元の位置に戻すか、除去して固定します。

 

スリーブ骨折は、10歳前後のサッカー、野球少年に多い膝蓋骨下端の剥離骨折で、骨片が小さく見逃されることが多いので要注意です。

治療としては、保存的にギプスによる外固定が行われているようです。

 

膝蓋骨骨折、膝蓋骨脱臼、膝蓋骨々軟骨々折における後遺障害のポイント

 

128-1.gif

1)一般的には、膝蓋骨骨折で後遺障害を残すことはほとんどありません。

 

2)ただし、膝蓋骨骨折後の骨癒合状況および軟骨損傷が残ったため、可動域に制限が残る場合、これらの原因を医学的に立証できれば、機能障害として126号、もしくは神経症状として1213号、149号が認定される可能性があります。

 

3)変形骨癒合は、3DCT、軟骨損傷はMRIで立証します。

 

交通事故では、膝蓋骨に対する直撃、直達外力で骨折や脱臼を発症しています。

膝蓋骨が骨折するほどの衝撃を受けていれば、その裏側の軟骨が損傷していても、なんの不思議もありません。症状が疑われる時は、専門医の診断を受けるべきでしょう。

 

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら