腓骨骨折

腓骨の単独骨折は、近位端骨折、骨幹部と遠位端骨折の3種類です。

124-1.jpg

赤○印、上から近位端、骨幹部、遠位端

 

腓骨は、脛骨と対になって下腿を形成している骨で、長管骨に属し、脛骨の外側に位置しています。
右膝外側を手で触れると、ボコッと飛び出している部分が確認できますが、それが腓骨近位端部です。膨らんでいる近位端は、腓骨頭と呼ばれています。
腓骨頭の先端にはとがった腓骨頭尖があり、脛骨に面する部分に腓骨頭関節面を有しています。

交通事故では、バイク、自転車と自動車の出合い頭衝突などで、膝の外側部に直撃を受けたときに、腓骨近位端骨折もしくは腓骨頭骨折を発症しています。
腓骨頭部には、坐骨神経から分岐した腓骨神経が走行しており、腓骨神経麻痺を合併することがあります。

腓骨神経麻痺の詳細は、98、99、100を参照してください。 中央部の骨折は、骨幹部骨折と呼ばれています。

 

124-2.jpg124-3.jpg

腓骨々幹部骨折のXP画像です。
転位が大きく、AOプレートで内固定されています。

 

しばしば、脛骨々折を合併することが多く、骨短縮、仮関節、コンパートメント症候群の後遺障害を残すことがあります。この詳細も、117を参照してください。

124-4.jpg

遠位端部の骨折は、外くるぶし部分で発生する頻度が高く、足関節外果骨折と呼ばれています。 この詳細も、小学生の成長期では、92を、大人であれば、93を参照してください。

腓骨の単独骨折における後遺障害のポイント

腓骨には、歩行時の衝撃の吸収と、足首を自在に動かす、巧緻運動の役目があります。
これらの役割が、腓骨の骨折で、どのように阻害されているか、の評価が問題です。

骨折部の骨癒合の状況は、3DCTで立証します。
足首の可動域は、背屈と底屈にとどまらず、内転、外転、内返し、外返し、回内、回外にまで範囲を拡げて、機能障害を検証する必要があります。

124-5.jpg  124-6.jpg
124-7.jpg  124-8.jpg

 

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら