後遺症(後遺障害)

NK1_0100.jpg
後遺症(後遺障害)とは、治療しても完治に至らず、「症状固定」の段階で、体の不具合が残ることをいいます。
しかし、治療終了後に痛みや不具合が残っていても、法律的に「後遺障害」として認めら得るかとどうかは別です。後遺障害の等級認定は、損害保険料率算出機構が行います。
後遺症(後遺障害)には1級から14級まで等級があり、これらは後遺症(後遺障害)による労働能力の喪失がどの程度のものであるかという観点から決定されます。この等級によって、損害賠償の額も大きく変わってきます。
損害保険料率算出機構は、医師の診断書を元に後遺症(後遺障害)の認定を行いますが、ここで被害者が考えているような認定が受けられないことがしばしばあります。「非該当」とされたり、考えていたよりも低い等級で認定されてしまうことがあります。
損害保険料率算出機構の審査は完璧というわけではありませんので、「異議申立」をすることができます。
また、そもそも、最初の審査の段階で、どのような診断書を提出するかが極めて重要です。実は、医師によって、後遺障害診断書の書き方はまちまちなのが現状です。
もっと明確に言えば、後遺症(後遺障害)の認定基準を良く知らなかったり、被害者の後遺症(後遺障害)の認定のことに配慮して、診断書を書いてくれない場合が多いのです。
当事務所にご相談いただければ、必要に応じて医師の診察に同行し、適切な後遺障害診断書を作成してもらえるように要請します。

後遺障害等級認定のポイントはこちら

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら