85 足根骨の骨折 足の舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折

 

85-1.jpg

 

交通事故では、バイクの転倒時に、足関節の捻挫に伴って舟状骨々折を合併することがあります。

舟状骨々折では、骨癒合が不良で偽関節化することがあります。

骨癒合はCTで検証しますが、3週間のギプス固定でも骨癒合が得られず、偽関節化しているときは、オペによるスクリュー固定が選択されています。

転位の少ない単独の舟状骨骨折では、骨癒合が得られれば、後遺障害を残すことなく治癒します。

 

痛みがあるときは、3DCTで変形骨癒合を立証し、神経症状で149号もしくは1213号の可能性を検討します。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら

  • 交通事故無料法律相談のご予約
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない・・・どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない…どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償金額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ