40 手指伸筋腱損傷

指を上から見たとき.gif

指を上から見たときの解剖図

 

伸筋腱が断裂すると、筋が収縮しても、その力が骨に伝達されることはなく、手指を伸ばすことができなくなります。切創や挫創による開放性損傷と、創がなくて生じる閉鎖性損傷、皮下断裂があります。

皮下断裂は、突き指などの外力によって生じるもので、これが圧倒的に多数です。

 

開放損傷により、手の甲で腱が断裂したときは、MP関節での手指の伸展が不良となります。

しかし、手背部の伸筋腱は、腱間結合という組織で隣の伸筋腱と連結しているので、完全に伸展することはできませんが、一定程度までの伸展は可能です。

症状としては、手指の関節の伸展が不良となります。

骨折と違い、強い疼痛を伴うことはありません。

DIPPIP関節の背側での皮下断裂は、放置すると伸筋腱のバランスが崩れ、スワンネック変形やボタンホール変形という手指の変形に発展します。


スワンネック変形.gif

開放性損傷では、早期に開創し、短縮している腱の断端を引き寄せて、縫合しなければなりません。DIPPIP関節背側での皮下断裂は、一般的には、保存療法で治療、装具により、手指を伸ばした状態で4週間以上固定します。

この間、固定を外さないようしなければなりません。

病的断裂では、手関節背側で生じた皮下断裂は、オペが必要です。

断裂した腱の断端同士を縫合ができないことが多く、腱移行術や腱移植術などが行われています。

 

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら

  • 交通事故無料法律相談のご予約
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない・・・どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない…どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償金額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ