15 手根骨の骨折 有鈎骨骨折(ゆうこうこつこっせつ )

有鈎骨骨折(ゆうこうこつこっせつ)と読みます。 鉤骨折(こうこっせつ)とも呼ばれ、右手では、環指と小指の中間、下方にある手根骨の1つで、手のひら側に、突起=鉤が存在する特異な骨です。

ポイント15図1.gifのサムネール画像

ポイント15図2.jpg

手のひら側のCT画像ですが、突起=鉤が骨折しているのが確認できます。

交通事故では、バイクのアクセルを握った状態での出合い頭衝突で、右手に多く発症します。 自転車、バイクから転倒する際に、手をつくことでも発症します。

交通事故以外では、ラケットやバット、ゴルフのグリップを振ることで、有鈎骨骨折が発生しています。
ズレのない骨折では、6週間前後の前腕部以下のギプス固定が、ズレ=転位の大きいときは、骨折している鉤の切除が実施されています。
切除術では、1週間の外固定で、手が使用できますが、スポーツの開始は、4週間以降となります。

有鈎骨骨折における後遺障害のポイント

1) スポーツでの骨折なら、一般的には、後遺障害を残しません。
スポーツに伴う有鈎骨骨折では、ギプス固定であっても切除術であっても、後遺障害を残すことなく治癒しています。

2) ところが交通事故では、衝撃力、破壊力が、スポーツとは段違いです。
骨折部の痛みが長期に続くことが予想されます。
骨折部の変形を3DCTで立証し、神経症状で、12級13号、14級9号の獲得を目指しています。
少数例ですが、手関節の可動域制限で12級6号が認定されるケースもあります。

3) 専門医の受診をお勧めします。
手根骨の骨折で共通することは、主治医がこれを見逃すことが多いことです。
受傷直後から骨折部に痛みや動作痛が発生するのですが、いわゆる激痛ではありません。
訴えが乏しいことに加えて、XP撮影であっても、2方向からでは確認することができません。
「しばらく様子を見ましょう」ということで、数ヶ月を経過したが、痛みが引かないため、この頃になって、慌てて専門医を受診し、骨折が発見されても、果たしてその骨折が事故によるものなのか、因果関係について、疑問を呈されることになります。

 

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら

  • 交通事故無料法律相談のご予約
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない・・・どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない…どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償金額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ