追突事故の受傷(頚椎捻挫など)により交通事故直後に予定されていた2件の国際ピアノコンクールへの出場を断念せざるを得なかった被害者(26歳・女性・ピアニスト)の慰謝料について、被害者の経歴や各コンクールで入賞するために努力を継続した事情に鑑みると、被害者の慰謝料算定において十分考慮すべき事情であるした事案(東京地裁平成30年1月29日判決)

事案の概要

被害者は、普通乗用自動車を運転し道路上で停止していたところ、加害者の運転する普通乗用自動車に追突される交通事故(以下「本件事故」という。)にあい、これにより頚椎捻挫等の傷害を負いました。被害者は、本件事故後、整形外科などに78日間の間に、合計8日通院しました。
この案件の争点は、被害者の入通院慰謝料の額でした。
被害者は、世界に羽ばたくことを視野にいれていたピアニストであり、3年に一度開催される国際コンクールに出場して上位の成績を収めるべく厳しいレッスンを積み重ねてきたが、本件事故により、出場の機会を喪失し、プロのピアニストになることを事実上断念したと主張しました。
これに対し、被告側は、被害者の経歴や努力、国際コンクール出場の断念は否定しないが、被害者の主張する事情は、加害者には予見できるものではないため慰謝料増額事由にはならないと反論していました。
ところで、交通事故において、入通院慰謝料とは、交通事故と因果関係のある損害として認められています。そして、この因果関係とは、一般には、相当因果関係と言われ、事故という加害行為と損害の間の因果の流れが相当な範囲であればこれを肯定するというもので、その判断には事案毎に諸事情が考慮されます。
また、この慰謝料の金額は、裁判例の積み重ねから、通院期間や通院の日数などを考慮して判断されることになっています。
本件では、78日間の間に8日通院していたという事情及び傷害の内容から、通常であれば、概ね15万円~20万円程度が慰謝料として認められる蓋然性が高いものです。
しかし、本件では、裁判所は概ね以下のように事実認定を行い、慰謝料の増額を認めています。すなわち、加害者が3歳ころよりピアノを習いはじめ、大学在学中にはパリに留学している。ピアノコンクールでの受賞歴もあり、本件事故後のコンクールでも金賞を受賞するなどしている。被害者が重視しているあるコンクールは3年毎に開催され、出場者の募集から、選別のための予備審査の後、予選(1次から3次)が行われ、その後、本選が実施される。もう一つのコンクールも同様にいくつもの関門をクリアする必要がありコンクール自体数カ月にわたって開催されるものでした。被害者は、上記二つのコンクールで上位入賞を果たすべく2年~3年かけて練習を重ねてきたが、本件事故により、思うように練習ができなくなり最終的には、出場を断念したというものです。
このような事情から「被害者は、本件事故を原因として、各コンクールへの出場を諦めたといえ、被害者の経歴や各コンクールで上位入賞するためにそれまで継続してきた努力等に鑑みると、出場の断念により被害者が相応の精神的苦痛を被ったことは明らか」とし、慰謝料を70万円が相当と判断した。
前述のように交通事故における慰謝料(入通院)は、ある程度、形式的に判断されることが多い損害費目ですが、本件は、被害者の経歴やこれまでの努力、本件事故の与えた影響を細かく認定し、慰謝料を増額させたものといえ、慰謝料の額が争点となっている事案において一つの考えを示した事例判決としてご紹介します。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら

  • 交通事故無料法律相談のご予約
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない・・・どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない…どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償金額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ