事故により右大腿近位外側に皮下組織の損傷による皮膚の陥凹と色素沈着の残存、組織隆起等を残して症状固定となったメディアで活躍できるモデル等の仕事を将来の希望としていた被害者(女性・17歳)の後遺障害慰謝料について、同症状は、後遺障害等級14級5号に該当しないと認定しつつ、その大きさはそれなりに大きいこと、隆起が第三者からも認識可能であること、被害者の年齢、性別、将来の希望等を含め心理的負担を与えるなど事情を総合考慮して20万円の慰謝料を認めた事案(大阪地裁平成30年2月27日判決)

事案の概要

事故により右大腿近位外側に皮下組織の損傷による皮膚の陥凹と色素沈着の残存、組織隆起等を残して症状固定となったメディアで活躍できるモデル等の仕事を将来の希望としていた被害者(女性・17歳)の後遺障害慰謝料について、同症状は、後遺障害等級14級5号に該当しないと認定しつつ、その大きさはそれなりに大きいこと、隆起が第三者からも認識可能であること、被害者の年齢、性別、将来の希望等を含め心理的負担を与えるなど事情を総合考慮して20万円の慰謝料を認めた事案(大阪地裁平成30年2月27日判決)

被告が運転するタクシーが、乗客を降車させるため、左側後部座席ドアを開けた際、同ドアが、ちょうど自転車を走行して運転していた被害者(原告)に衝突した交通事故(以下「本件事故」という。)にて、被害者は右大腿打撲・擦過傷、右大腿部皮下血腫などの傷病名で通院を余儀なくされました。そして、症状固定後、右大腿近位外側に皮下組織の損傷による皮膚の陥凹と色素沈着の残存、組織隆起等(以下「本件隆起等」という。)の後遺障害を残しました。
被害者は、これは自賠責後遺障害14級5号に該当すると主張しましたが、自賠責保険は、本件隆起等について、その存在は認められるものの隆起のみではなく、瘢痕を残す場合にのみ「酷いあとを残すもの」に該当するとして最終的に自賠責保険にいう後遺障害には該当しないと判断しました。
しかし、裁判所は、本件隆起等は、瘢痕や線状痕ではないから自賠責保険にいう14級5号には該当しないとはいえ、その大きさは、それなりに大きく、見る角度によっては第三者からも隆起していることは認識可能である。また、身に着ける衣服の形状によっては、そのほとんどが露出することになる。かかる本件隆起等の形状及び存在部位に加え、被害者の年齢、性別、将来の希望等をも踏まえれば、本件隆起等が残存したことが被害者に心理的負担を与えるであろうことは否定できない。しかし、被害者は再び、レッスンやオーディションを受けるなどして将来の希望を叶えるべく努力しているところ、これまでオーディションにおいて本件隆起等を指摘されたことはないなどの事情もあるから、これらを総合して考慮すれば、本件隆起等が残存したことによる精神的苦痛を慰藉するための金額は20万円が相当であるとしました。
一般に、後遺障害慰謝料について、自賠責保険にいう後遺障害等級に該当すると、その等級毎に、慰謝料の金額が算定されることになります。重篤な等級に該当すれば、その分慰謝料の金額は増額されます。
この点、自賠責保険の後遺障害等級に該当しない限り、損害賠償請求の民事裁判においても後遺障害慰謝料は認められないと考えがちですが、必ずしもそうではありません。理由は、裁判所は、自賠責の判断に拘束されないためです。自賠責の後遺障害に該当しないとの判断がされた場合でも、例えば裁判所が後遺障害等級14級に相当するなどと判断して、後遺障害慰謝料などを認定することは十分あり得ます。自賠責保険に認定されなかったといってもそこで諦めるのではなく、裁判所において、主張立証を尽くすことで道が開けることもあります。
今回の事案もその一つの事例判断として参考になるため、ご紹介させていただきました。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら

  • 交通事故無料法律相談のご予約
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない・・・どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない…どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償金額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ