6 高次脳機能障害の際に併発しやすい後遺障害について

 交通事故により頭部に衝撃が加わり、脳に損傷を負った場合、高次脳機能障害と併発して、両手両足の麻痺、視力・聴力障害、嗅覚味覚の障害や、頭痛・めまい等の重篤な症状が発症することがあります。
 まず、交通事故が原因で脳を損傷したことに伴い、麻痺などの身体性機能障害、てんかん症状、頭痛、めまい等の平衡機能障害、うつ等の比器質性精神障害が残った場合には、「神経系統の機能障害」として、症状の程度に応じて、後遺障害等級が認定されます。
 また、脳を損傷するような交通事故では、眼や耳、鼻に障害が残ることも多く、このような場合にも、それぞれ単独で後遺障害等級が認定されます。このうち、眼の障害は、(1)視力に関する障害、(2)眼の調整機能に関する障害、(3)眼球の運動機能に関する障害、(4)視野に関する障害、(5)まぶたの欠損に関する障害、(6)まぶたの運動に関する障害に分類されます。また、耳の障害には、聴力障害や、耳鳴り・耳漏が残る障害が、鼻の障害には、欠損を伴う機能障害(嗅覚の脱失・減退や呼吸困難)と、欠損を伴わない機能障害があります。

 さらに、味覚に障害が残ったような場合にも、等級表には記載がありませんが、12級または14級の後遺障害等級が認められています。
上記に加えて、交通事故の衝撃により、頭部や顔面に傷跡が残ってしまったような場合には、「外貌の醜状障害」として、後遺障害等級が認定される可能性があります。
その他、高次脳がクローズアップされて、その他の身体に対する傷害に起因する後遺症(関節の機能障害等)が見落とされることもあり、嚥下障害等、見落とされやすい後遺障害が発生したケースも経験しています。

 このように、高次脳機能障害を伴うような交通事故に遭った場合、脳やその周辺部分の損傷を原因として、他の後遺障害を併発するケースが多く、その他の症状も見落とされる可能性があるため、等級認定の際に他の症状が見落とされてしまうことがあります。
 お早めに交通事故に精通した弁護士に相談し、検査や診断の見落としがないかどうか、事案に応じて検討する必要があるでしょう。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら

  • 交通事故無料法律相談のご予約
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない・・・どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない…どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償金額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ