加害者の「無過失」とは何ですか?



交通事故の賠償金額を決める上で、過失の割合が重要な要素となります。
交通事故の場合、加害者が一方的に悪いというわけではなく、被害者の過失も考慮される場合があります。その場合、加害者が支払うべき賠償金の算定にあたっては、被害者の過失の程度によって、賠償金が減額されることになります。これを過失相殺と言います。

「無過失」とは、加害者側に過失がない、という主張を指します。この場合、賠償金を巡る交渉は、極めて難航することになります。
保険会社が保険金の交渉において、この「無過失」を持ち出してくることがありますが、一般の方では交渉が難しいと思われます。

保険会社の言い分に納得がいかない場合は、専門家に相談することをお勧めします。

Access map

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg