下肢解決事例

下肢の後遺障害の解決事例

ここでは交通事故に遭い、下肢に後遺障害を負われた方の解決事例をご紹介させて頂きます。

No 解決事例 部位 等級 被害者の
属性・職業
事故分類 獲得金額 増加額
14級から11級への認定変更を受け2000万円の支払を受けた事例 下肢 11級 自営業 車対バイク 2000万
「遠方からの見舞費用」「習い事の費用」の損害が認められた事例 下肢 非該当 小学生 車対徒歩 63万 53万
高次脳機能障害、関節機能障害等により併合6級の後遺傷害認定を獲得し、人身傷害保険を50万円から1000万円以上に増額するなどして最終的に約6000万円の獲得に成功した事例 頭部
下肢
6級 学生 車対徒歩 6000万
2ヶ月で慰謝料及び逸失利益を約200万円増額させた事例 下肢 14級 会社員 車対徒歩 590万 240万
踵骨アキレス腱付着部骨折アキレス腱不全断裂などの傷害を負った事案につき、後遺障害等級14級9号を獲得し、損害賠償金260万円の早期和解が成立した事例 踵骨アキレス
腱付着部
骨折アキレス腱
不全断裂
14級9号 無職 人対車 260万
6 不適切な後遺障害診断書が作成された事案について、弁護士が別病院に被害者と同行し、適正な後遺障害診断書を作成していただいた上で、10等級の後遺障害認定を受け、過失相殺の割合についても当初の保険会社主張よりも有利に修正させた上で、既払いの治療費や休業損害約350万円の他に、1800万円の賠償金を取得した事例
下肢 10級 会社員 車対自転車 2150万
7 70代女性について、併合12級の後遺症の認定を受け、専業主婦としての休業損害及び逸失利益を認めさせたほか、依頼者の過失割合を5%にとどめ、自賠責分を含めて約1000万円の支払いを受けた事例
下肢及び肩 併合12級 専業主婦 車対自転車 約1000万
8 12級の事案で、交渉で、いわゆる赤本基準以上の後遺症慰謝料を獲得した事案 下肢 12級   車対徒歩 700万

 

解決事例

解決事例

  • 頭部・脳高次脳機能障害など
  • 首頚椎捻挫(外傷性頚部症候群)など
  • 上肢上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など
  • 腰、脊柱腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
  • 下肢骨盤骨折、股関節脱臼など
  • 脊椎・背骨腰椎圧迫骨折など
  • その他臓器その他の事例
  • 死亡事故
  • 醜状障害

 

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら