• HOME
  • 解決事例
  • 事例49 専業主婦のむち打ち事案において、弁護士介入後、後遺障害等級併合14級の認定を獲得し、さらに、専業主婦の休業損害として150万円を獲得した事案
 

専業主婦のむち打ち事案において、弁護士介入後、後遺障害等級併合14級の認定を獲得し、さらに、専業主婦の休業損害として150万円を獲得した事案


<依頼者>

専業主婦の40代女性

<等級・部位>

併合14級 首および腰

<事案の概要>

 ご依頼者様は、高速道路を走行中、前方車両が急停止したため、続いて停車したところ、後方から走行してきた自動車に追突され、頸椎捻挫、腰椎捻挫等の傷害を負いました。
 ご依頼者様は、今後、保険会社とどのように交渉すればよいかわからず、当事務所へ相談に来られました。

<当事務所介入後、解決に至るまで>

 当事務所の弁護士は、ご依頼者様の症状から、後遺障害認定の見込みがあると判断し、担当医に対し、実施を希望する検査や記載事項を明記した書面を送付し、適切な後遺障害診断書作成のためのアドバイスを行いました。 
 その結果、ご依頼者様は、頸椎捻挫・腰椎捻挫について、それぞれ14級、併合14級の認定を受けることができました。

 後遺障害の認定後、保険会社との示談交渉に入りましたが、保険会社からの提案は満足のいくものではありませんでした。特に、ご依頼者様は、頚部・腰部の痛みにより、治療期間中、満足に家事を行えない状況でしたが、保険会社の提案では、この点が軽視されていました。
 そこで、弁護士が速やかに交通事故紛争処理あっせんセンターに申立てを行い、専業主婦として稼働できなかった状況等につき、陳述書を提出するなどして、適切な主張を行ったところ、約150日(約5か月間)もの長期に渡る休業損害を認めさせることに成功し、結果、合計480万円の賠償金を取得することができました。
 
 なお、ご依頼者様は弁護士特約保険に加入していたため、弁護士費用につき、ご自身が出捐することなく、賠償金全額を取得することができました。

<解決のポイント>

※弁護士費用特約の利用により、弁護士費用の負担なく弁護士に依頼ができたこと。
※早期の段階で弁護士に依頼したことにより、確実に後遺障害等級14級を獲得し、依頼者の納得のいく金額での解決を図ることができたこと。
※専業主婦の休業損害について、150万円もの高額な賠償金を取得できたこと。


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

Site Menu

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner