• HOME
  • 解決事例
  • 220043)事例43 併合11級の事前認定を、異議申し立てにより覆し、高次脳機能障害及び味覚障害を認定させて、併合6級とし、合計約3200万円の損害賠償金を取得した事案

併合11級の事前認定を、異議申し立てにより覆し、高次脳機能障害及び味覚障害を認定させて、併合6級とし、合計約3200万円の損害賠償金を取得した事案



相談者 : 正社員 60代男性
等級・部位 : 併合等級6級・頭部 

<事案の概要>

 依頼者の方は、直進道路を自転車で走行中、向かいから走行してきた相手方車両と接触し転倒し、頭部に傷害を負いました。
 事故後、ご本人には、性格の変化や易怒性が見られましたが、保険会社による事前認定の結果、高次脳機能障害は否定され、嗅覚喪失を含め、併合11級の認定を受けました。

<当事務所介入後、解決に至るまで>

 当事務所の弁護士がご本人と面談したところ、高次脳機能障害の疑いがあり、さらに、嗅覚障害だけでなく、味覚障害も考えられたため、協議の上、まずは異議申し立てを行うこととしました。直ちに入念な準備を行い、異議申し立てを行ったところ、高次脳機能障害が認定され、味覚障害を併せて、併合6級との結果になりました。
 その後、相手方保険会社との間で示談を進めたところ、依頼者の方が確定申告を行っていなかった収入を認定するかにつき、争いとなりましたが、弁護士が適切な立証を行った結果、この収入についても、一部認定させることに成功し、合計3200万円もの賠償を受けることができました。

<解決のポイント>

*以前の後遺症認定の際に見落とされていた高次脳機能障害及び味覚障害について認定を受け、賠償額を大幅に増額させた。
*弁護士が適切な立証を行った結果、確定申告を行っていなかった収入についても、相手方保険会社に一部認定させた。


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

Site Menu

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner