小学生の死亡事故につき、弁護士介入後、交渉のみで約2300万円を増額した事例

 

<依頼者>

死亡事故に遭われた小学生の御両親
※弁護士費用特約を使用

 

<事案の概要>

被害者は、事故当時小学生であり、道路を横断中、前方から右折してきた自動車に轢かれ、亡くなりました。

ご両親にとって、何にも代えがたいお子様の死でしたが、相手方保険会社からは、被害者に20%の過失があることを前提に賠償額が提示されました。
ご両親は、わが子の命の価値はこの程度なのかと悩まれ、いくつかの法律事務所を回られましたが、増額の見込みはそれほど高くない等といった回答を受け、当事務所に相談に来られました。


<解決に至るまで>

 主な争点は、慰謝料(被害者の慰謝料及びご両親固有の慰謝料)の額及び過失割合であり、当事務所の弁護士が介入し、個別の事情に応じた慰謝料増額事由を主張したうえ、ただちに現場を精査して、過失割合について適切な主張を行ったところ、慰謝料については、当初の提案額から800万円を上乗せする結果となり、さらに、過失割合についても、被害者の過失を5%とする内容を前提として、和解を成立させることができました。
その結果、交渉のみで合計2300万円もの増額となり、ご両親も納得される結果となりました。

 

<解決のポイント>

・弁護士が適切な主張を行ったため、過失割合を15%減じることができました。

・依頼者固有の慰謝料増額事由を適切に主張したことから、慰謝料を増額することができました。
・訴訟とせず、交渉のみで2300万円もの増額となりました。
・弁護士費用特約に入っていたため、依頼者の弁護士費用の持ち出しがありませんでした。

 

 

*上記はあくまで最近の解決事例の一例です。
*全ての事案について同様の結論を保証するものではありません。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら