頸椎捻挫で14級9号を獲得後、約2か月で350万円を獲得した事案

 

<依頼者>

50代女性 専業主婦
後遺障害認定:14級9号 *弁護士特約を使用

 

<事案の概要>

 依頼者は、信号待ちで停車していたところ、後続車両に追突されました。首の痛みが引かず、今後、保険会社にどのように対応すればよいかわからなかったことから、事故後まもなく、当事務所に来所されました。

 

<解決に至るまで>

 依頼者の症状から、14級9号の後遺症が見込まれたため、直ちに弁護士が介入し、適切な指示、指導を行った結果、当初の想定通り14級9号の後遺症認定を受けることができました。
その後、保険会社との間で賠償額に関する交渉に移りました。
依頼者は専業主婦であったため、弁護士は、休業損害及び逸失利益の基礎収入を、裁判基準における収入「1日9696円」にて計算し、労働能力喪失期間を5年間、労働能力喪失率を5%であると主張しました。また、通院慰謝料及び後遺症慰謝料についても、裁判基準での請求を行ったところ、総額約350万円での示談が成立し、後遺症認定後、約2か月でのスピード解決となりました。

 

<解決のポイント>

・事故直後に相談にいらしたことから、弁護士の指導により14級9号の認定を受けることができました。
・弁護士費用特約に入っていたため、依頼者の持ち出しがありませんでした。
・弁護士の介入により、交渉がスムーズに行われたため、後遺症認定後2か月でのスピード解決となりました。

 

 

*上記はあくまで最近の解決事例の一例です。
*全ての事案について同様の結論を保証するものではありません。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら