• HOME
  • 解決事例
  • 200032)事例32 踵骨アキレス腱付着部骨折アキレス腱不全断裂などの傷害を負った事案につき、後遺障害等級14級9号を獲得し、損害賠償金260万円の早期和解が成立した事案

<事例>
依頼者:駐車場内で交通誘導にあたっていたところ、
     自動車に衝突された70代男性

 

<ご相談に至る経緯>
 依頼者は、ある商業施設内の駐車場内にて駐車場を利用する自動車の交通誘導をしていたところ、ブレーキとアクセルを誤認した相手方運転の自動車に衝突される交通事故(以下「本件交通事故」といいます。)によって、アキレス腱断裂及び踵骨骨折などの怪我を負わされました。
 本件交通事故後、長期間の治療を行ってきましたが、具体的な損害賠償の交渉に入る以前に、当事務所にご来所され、後遺障害の申請及び保険会社との交渉を依頼されました。

     
<争点>
 本件交通事故による損害賠償の交渉におけるポイントは、交渉の前段階として、
 ①本件交通事故により被った怪我につき後遺障害が認定されるのか、認定されたとして
 ②傷害慰謝料並びに
 ③後遺障害に対する慰謝料及び逸失利益の各金額でした。
 (後述のとおり依頼者の怪我については後遺障害等級14級9号が認定されました。)


<解決に至るまで>
 アキレス腱断裂の怪我については、手術により、ある程度の回復が見込まれますので、後遺障害等級が認定されることは基本的にはありません。しかし、怪我が完全に治癒することも実際のところは考えがたく、また、骨折も伴う重症である本件では、適切な後遺障害の判断を獲得すべく当事務所弁護士が受任直後から事件処理にあたりました。
      
 事件受任後、症状固定のタイミングを判断するべく、依頼者とともに通院先病院に赴き、医師面談を行いました。依頼者の怪我の具合などを依頼者からヒヤリングした上、医師の判断から、事件受任後相当期間経過したのち、症状固定との診断をいただきました。
      
 後遺障害の認定を取得すべく相手方自賠責保険会社へ被害者請求を行い、最終的に依頼者の負った怪我について、後遺障害等級14級9号を獲得することに成功しました。結果的にみれば、適切な時期に症状固定の判断をいただけたと思います。
      
 後遺傷害獲得後、相手方任意保険会社との間では、いわゆる裁判基準(弁護士基準)に基づき算定した損害賠償金をもとに交渉を進めました。
      
 交渉の結果、依頼者が約260万円を取得する内容で、早期に和解が成立しました。依頼者も納得の内容での、スピード解決でした。


<解決のポイント>
①症状固定前に弁護士に依頼することで、医師面談に同行するなど妥当な後遺障害等級を獲得できるよう段取りを組むことができます。本件は、これが成功した事案といえます。
②相手方任意保険会社との損害賠償交渉を専門家である弁護士が行うことによって、いわゆる裁判基準(弁護士基準)を前提とした交渉を開始することができ、結果的に、弁護士が介入しないケースと比較して、早期の解決を実現することに成功した事案。


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

Site Menu

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner