2ヶ月で慰謝料及び逸失利益を約240万円増額させた事例

 

<依頼者>

男性(会社員)

後遺障害等級:14級9号

 

<ご相談に至る経緯>

 相談者は、青信号で横断歩道上を直進中、対向から右折したきた相手方車両と衝突し、右膝頸骨高原骨折等の傷害を負い、14級9号の等級認定を受けましたが、相手方保険会社から提示された金額で示談していいのか判断できず、当事務所に依頼をされました。

 

<解決に至るまで>

 ただちに弁護士が介入し、相手方保険会社との間で、入通院慰謝料及び後遺症慰謝料について、裁判基準での金額を提案し、また、逸失利益についても、相談者に有利な賃金センサスを基礎収入として増額を交渉したところ、ほぼ要望通りの金額で示談成立となり、わずか2ヶ月で、約240万円の増額となりました。

 

<解決のポイント>

・弁護士の介入により、短時間で、裁判基準による金額での和解となった。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら