事例11 過失割合が見直され、慰謝料を増額させることができた事例

<事例>

依頼者:30代男性 平成25年
バイク(依頼者)と自動車の接触事故

<事件の流れ>

 依頼者はバイクを直進走行中、左折しようとした相手車両に巻き込まれ、全治6か月の怪我を負いました。  相手方保険会社は、依頼者の過失割合1割を主張していました。
また、慰謝料については、傷害の内容が主としてムチウチ症であることを前提とした金額を主張し、約52万円を支払うとの内容での示談の提案をしてきました。

こちら側はまず、依頼者の過失割合はほぼ0割であることを主張しました。
また、診断書の記載を検討した結果、依頼者には上腕・肩関節の可動域制限が発生し、通院期間を通じてそのリハビリ治療を継続していたことから、ムチウチ症にとどまらない傷害であると判断し、慰謝料の算定を行いました。

その結果、最終的に依頼者の過失割合は0.5割に引き下げられ、慰謝料の金額も見直され、当初の金額の2倍以上の約107万円を相手方保険会社が支払うことで合意に至りました。

<解決のポイント>

・過失割合と慰謝料について、当初保険会社が提示してきた数字よりも有利に解決することができました。
・依頼を受けてから、わずか1か月半足らずという短期間でのスピード解決でした。

 

* 上記はあくまで最近の解決事例の一例です。
* 全ての事案について同様の結論を保証するものではありません。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら