後遺障害認定のポイント215 肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそくせん、はいしぼうそくせん)


215-1.jpg


心臓から肺へ血液を運ぶ血管である肺動脈に、血液や脂肪の塊、あるいは空気などが詰まり、肺動脈の流れが悪くなる、閉塞してしまうことを肺塞栓症と呼んでいます。
血栓が原因では、血栓塞栓、脂肪では脂肪塞栓、空気では空気塞栓と呼ばれています。
これらの中では、肺血栓塞栓症が最多となっていますが、交通事故で発症することは稀です。

次に多いのは、交通事故や外傷などで、下腿骨を骨折したとき、骨髄にある脂肪が血液の中に入り、静脈を通って肺に詰まる脂肪塞栓です。

肺血栓梗塞は、塞栓により、肺組織への血流が途絶え、その部位から先の肺が壊死するものです。
代表的には、下肢の静脈内でできた血栓が肺に詰まるエコノミークラス症候群です。

肺脂肪塞栓

骨折の合併症の中で、最も重篤なものです。
骨折により損傷した骨髄中の脂肪滴が、破綻静脈内に入り、脂肪滴が静脈を通じて大量に全身に循環した結果、肺や脳などに脂肪による塞栓が生じると、重篤な呼吸・神経麻痺を起こします。

多発外傷>骨盤骨折>大腿骨骨折>脛骨骨折の順で発症の可能性が高く、上腕骨骨折、頭蓋骨々折、胸骨々折や肋骨々折では、全くと言っていいほど報告がありません。

骨折と脂肪塞栓の因果関係について、外傷後の骨折の結果、体内の脂肪代謝が変化し脂肪塞栓を引き起こしているのではないかと言われることもあり、現在も、原因は特定されていません。

通常は受傷後、12~48時間の潜伏期を経て発症、多くは発熱、頻脈、発汗が初症状で、過半数の症例に前胸部や結膜に点状出血=赤いポツポツが見られます。
肺に塞栓が生じたときは、胸痛、頻呼吸、呼吸困難の症状を訴え、低酸素脳症に発展したときは、意識障害を起こします。
詰まった脂肪が大きく、太い血管に詰まったときは、ショック状態で死に至ります。

呼吸症状のために急速なヘモグロビンの低下を招き、動脈血ガス分析=動脈中の二酸化炭素や酸素量を調べる検査では、70㎜Hg以下の低酸素血症を示します。

215-3.jpg

肺に塞栓が認められるケースでは、肺のXPで、両肺野に特有の snow storm =吹雪様の陰影が見られ、脳内に塞栓が生じたときは、MRIで、急性期には点状出血に一致してT2強調で白質に散在する高信号域の小病巣がみられます。


215-4.jpg


突然の胸痛や呼吸困難では、まず心電図と胸部X線検査、血液検査が行われます。
次に、血液ガス分析で低酸素、心臓超音波検査で右心不全を認めれば本症が疑われ、造影CTによって、肺動脈内の塞栓を確認すれば、確定診断となります。

肺脂肪塞栓における後遺障害のポイント

1)頭部外傷 高次脳機能障害認定の3要件
①頭部外傷後の意識障害、もしくは健忘症あるいは軽度意識障害が存在すること、
②頭部外傷を示す以下の傷病名が診断されていること、
③上記の傷病名が、画像で確認できること、

そして、②の頭部外傷の傷病名には、脳挫傷、急性硬膜外血腫、びまん性軸索損傷、急性硬膜下血腫、びまん性脳損傷、外傷性くも膜下出血、外傷性脳室出血、低酸素脳症と記載されています。
この低酸素脳症が、肺脂肪塞栓、脳脂肪塞栓に合併する後遺障害、高次脳機能障害となります。

2)肺脂肪塞栓、脳脂肪塞栓は、入院中に発症しています。
発症率は、長管骨単純骨折の0.5~3%ですが、大腿骨々折に限定すれば33%、そして、死亡率は5~15%と報告されています。

3)酸素供給が停止すると、大脳で8分、小脳で13分、延髄・脊髄では45~60分を経過すれば、組織は死滅し、生命を失います。
つまり、8分以内に呼吸が確保されないと、低酸素脳症による高次脳機能障害を合併するのです。
入院中であり、早期に発見されても、8~10分以内の対応は簡単なことではありません。

脂肪塞栓では、当初の傷病名からは予測できない急変で、生死に関わる事態を迎えるのです。
現在のところ、これを防止する有効な手立てはありません。

3)本件の後遺障害の立証は、高次脳機能障害に同じです。
症状固定は、受傷から1年後が通常であり、的確な神経心理学的検査で、日常生活、社会生活の支障を立証する必要があります。
詳細は、頭部外傷後の高次脳機能障害のところで解説をしています。


当事務所の解決事例


頭部・脳

首

上肢

腰

下肢

脊椎・背骨

その他臓器

高次脳機能障害など

頚椎捻挫(外傷性頚部症候群)など

上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など

腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど

骨盤骨折、股関節脱臼など

腰椎圧迫骨折など

その他の事例

 

  • 死亡事故
  • 醜状障害                                                                                          
                   
No 解決事例
14級から11級への認定変更を受け、2000万円の支払を受けた事例
訴訟提起により、4倍もの損害賠償金を獲得した事例
兼業主婦のむちうち事案で、14等級の認定を受け、新たに約400万円の支払を受けた事例
後遺症非該当の診断から、14等級の後遺症認定の変更を勝ち取り、賠償額が約4倍に増額された事例
後遺症慰謝料、傷害慰謝料及び逸失利益の金額が争われた事例
損害賠償額を争って289万円→350万円で和解した事例
弁護士の介入により修理費用を満額支払う合意ができた事例 平成25年
自営業男性 弁護士介入により治療費と休業損害を増額させた事例
弁護士の介入により専業主婦の休業損害・慰謝料の増額を認めさせた事例
10 弁護士介入後約3週間で保険会社提示額を1.5倍に増額した内容で和解した事案
11 過失割合が見直され、慰謝料を当初の2倍以上に増額させることができた事例
12 後遺障害10級を獲得した事例
13
弁護士の介入により14級9号が認定され、賠償額を150万円以上も上げた例
14 「遠方からの見舞費用」「習い事の費用」の損害が認められた事例
15 相手方が任意保険に加入していなかった事例
16 専業主婦の「休業損害」「傷害慰謝料」「後遺傷害慰謝料」「逸失利益」をあわせて約185万円増額させた事例
17 死亡事故事案において相手方保険会社の提示した損害賠償金を約1.6倍増額させることに成功した事例
18 損害賠償額を約1.5倍させることに成功した事例
19 事故後2か月で一方的に治療費の支払いを打ち切られたが、最終的に215万円の金銭を取得した例
20 後遺症の症状固定前に弁護士が依頼を受けて後遺障害等級14級9号を獲得し、その後の保険会社の提案額から約1.4倍に増額させることに成功した事例
21 14級9号の後遺傷害認定を獲得し、保険会社の提案額から約2倍以上増額された損害賠償金の獲得に成功した事例
22 受任後約6ヶ月で慰謝料額を約900万増額した事例
23 休業損害を0円から50万円に増額した事例
24 脊柱の変形障害で、第11級第7号の後遺症認定を受けた事案について、訴訟提起後、相手方から、労働能力喪失率がほとんど無い事を前提にした和解案の提示を受けた事案について、労働能力の一部喪失を前提に、相手方代人から呈示された呈示額の約三倍の金額で和解をした事例
25 遺障害等級14級9号を獲得し、損害賠償金約270万円の早期和解が成立した事例
26 高次脳機能障害、関節機能障害等により併合6級の後遺傷害認定を獲得し、人身傷害保険を50万円から1000万円以上に増額するなどして、最終的に約6000万円の獲得に成功した事例
27 2ヶ月で慰謝料及び逸失利益を約240万円増額させた事例
28 腰部挫傷の傷害で、事故後3か月で一方的に治療費の支払いを打ち切られたケースにおいて、最終的に約370万円の金銭を取得した事例
29 家族3名で総額約700万円の損害賠償金を獲得することに成功した事例
30 右第1中手骨骨折の傷害で、後遺障害等級10級を獲得し、約1336万円の金銭を取得した事例
31 頸部、腰部のむち打ちの被害を受けた60代夫婦の交通事故について、等級の取得前の状況からサポートをして14等級を獲得し、その後賠償の交渉を行い、治療費等既払い金を除き、夫婦で合計約560万円を取得した事例
32 踵骨アキレス腱付着部骨折アキレス腱不全断裂などの傷害を負った事案につき、後遺障害等級14級9号を獲得し、損害賠償金260万円の早期和解が成立した事案
33 頸椎捻挫で14級9号を獲得後、約2か月で350万円を獲得した事案
34 腰椎捻挫の傷害で、後遺障害等級14級を獲得し、治療費以外に合計約365万円の損害賠償を認めさせた事例
35 小学生の死亡事故につき、弁護士介入後、交渉のみで約2300万円を増額した事例
36 バイク対トラックの事故により、肩鎖関節脱臼等の傷害を負い、肩関節の機能障害(稼働域制限)を残した事案について、14等級の認定を異議申立により12等級とし、相手方弁護士の無過失の主張を退けて加害者に75%の過失があることを前提に、赤本基準よりも高い基準で和解した事例
37 14級を獲得していた事案において、弁護士介入後、労働能力喪失期間を8年と認めさせた事例
38 14級を獲得していた事案において、弁護士介入後、損害賠償額を約2.6倍に増額させた事例
39 専業主婦のむち打ち事案において、弁護士介入後、後遺障害等級14級の認定を獲得し、約255万円の損害賠償を認めさせた事例
40 14級を獲得していた事案において、弁護士介入後約2週間で、損害賠償額を100万円増額させた事例
41 14級を獲得していた事案において、弁護士介入後、損害賠償額を約140万円増額させた事例
42 過失のある死亡事故事案において、交渉により総額約7300万円の損害賠償金を獲得することに成功した事例
43 併合11級の事前認定を、異議申し立てにより覆し、高次脳機能障害及び味覚障害を認定させて、併合6級とし、合計約3200万円の損害賠償金を取得した事案
44 不適切な後遺障害診断書が作成された事案について、弁護士が別病院に被害者と同行し、適正な後遺障害診断書を作成していただいた上で、10等級の後遺障害認定を受け、過失相殺の割合についても、当初の保険会社主張よりも有利に修正させた上で、既払いの治療費や休業損害約350万円の他に、1800万円の賠償金を取得した事例
45 頸部のむちうち症で14等級の認定を受けた被害者男性について、保険会社から提示された賠償額を、ご依頼から約10日で、約190%に増額(裁判所基準100%)して解決した事例
46 兼業主婦のむち打ち事案において、弁護士介入後、後遺障害等級14級の認定を獲得し、約300万円の損害賠償の支払いを受けた事例
47 後遺障害等級8級の事案において,弁護士介入後,損害賠償額を約1400万円(当初提案額の約2.6倍)増額させることに成功した例
48 後遺障害等級14級の事案において,「弁護士介入後わずか約1か月」で,損害賠償額を約130万円(当初提案額の約2倍)増額させることに成功した例
49 専業主婦のむち打ち事案において、弁護士介入後、後遺障害等級併合14級の認定を獲得し、さらに、専業主婦の休業損害として150万円を獲得した事案
50 70代女性について、併合12級の後遺症の認定を受け、専業主婦としての休業損害及び逸失利益を認めさせたほか、依頼者の過失割合を5%にとどめ、自賠責分を含めて約1000万円の支払いを受けた事例
51 弁護士の介入により、賠償額を約3.5倍まで大幅に上げた事例


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner