後遺障害認定のポイント203) 横隔膜の仕組み

203-1.jpg

ヒトは、生きるために、呼吸を続けなければなりません。

呼吸とは、口・鼻から入った空気を肺に送り込み、空気中の酸素を血液の中に取り込み、燃えカスとなった二酸化炭素を排出することです。

ところが、肺には筋肉がないので、自力で膨らませる、縮ませることができません。

では、どうやって肺呼吸は行われているのか?

肋間筋、頚部や腹部の筋肉もサポートしているのですが、主体的には、横隔膜の筋肉の働きにより、肺呼吸が行われているのです。

 

横隔膜は、胸骨、肋骨、脊椎からなる胸郭、つまり籠型の骨組みの底面に付着しています。

ドーム状の薄い膜の筋肉で、胸腔と腹部を仕切る蓋の役目を果たしています。

 

横隔膜が縮んで下がると、胸腔がふくらみ、肺の中に空気が入って息を吸うことができます。

反対に横隔膜が伸びて上がると胸腔はしぼみ、肺の中の空気が排出されるのです。

交通事故では、胸部に対する強い打撃により、横隔膜が破裂することがあります。

重篤な傷害ですが、発見が早ければ、オペで一定の改善が得られます。

 

もう1つは、横隔神経の切断です。

横隔膜の筋肉は、頚椎、C3=横隔神経により支配されています。

上位頚髄損傷で、横隔神経が切断されると、自力呼吸ができなくなり、人工呼吸器=レスピレーターの装着が余儀なくされます。

上位頚髄損傷では、四肢体幹麻痺を伴い、自力で体動することができません。

常時、介護が必要な状態となり、別表Ⅰの11号が認定されますが、循環不全により、長生きは期待できない深刻な外傷です。





 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner