正中神経麻痺 (せいちゅうしんけいまひ)

180-1.jpg

 

上肢には、腕神経叢から、正中神経、橈骨神経、尺骨神経、3本の末梢神経が走行しています。
各々の神経の走行や支配領域は異なり、どの神経が障害されているかで、症状は異なります。
腕神経叢からはじまった正中神経は、肘の前面を通り、手首のあたりで手根管の中を通過、それぞれ支配する指に枝分かれします。
交通事故では、上腕骨顆上骨折で正中神経麻痺を、橈・尺骨の骨幹部骨折では、前骨間神経麻痺を、手関節の脱臼・骨折、手掌部の開放創では、手根管症候群を発症しています。
同じ正中神経麻痺であっても、損傷を受けた部位で傷病名が変わることがあります。
正中神経は前腕屈筋群と母指球を支配していますので、上腕骨顆上部でこの神経が麻痺すると、手は猿手=ape hand状に変形をきたします。

180-2.jpg

正中神経麻痺では、母指球、親指の付け根のふくらみの萎縮がおきます。
そのため見た目が猿の手のように見え、物がつかめなくなります。
母指球が萎縮するので、親指と人差し指でOKサインをしても親指と手の掌が同一平面になり、○ではなく、涙のしずくに似た形となります。
180-3.jpg

親指~中指の屈曲障害、祈るように指を組んでも、人差し指・中指が曲がりません。
前腕回内運動が不能となり、肘を直角に曲げた状態で肘と前腕を固定し、手の掌を裏向きに返すことができなくなります。
回内筋近位端部で正中神経が絞扼された場合は、前腕屈側近位部に疼痛が出現します。
前骨間部の神経麻痺は母指・示指・中指の末節の屈曲障害、知覚鈍麻、神経痛性筋萎縮症が認められます。
180-4.jpg

 

上記の症状を参考にし、Tinel徴候などのテストに加え、誘発筋電図も有効な検査です。
Tinel徴候とは、神経の障害のある部位を叩打すると、その部位より末梢に放散痛が現れることです。
基本的には、以下で説明する手根管症候群の治療と同じです。
高位正中神経障害は、何もしないで数ヵ月で軽快する場合がありますが、保存的治療で治らないときや麻痺が残ってしまったときは、麻痺した腱に、腱移植を実施、機能回復を図ります。
相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら