尺骨茎状突起骨折 (しゃっこつけいじょうとっきこっせつ)

尺骨の尖端にある突起の部分の骨折です。初診時は、見落とされることもしばしばですが、癒合しなくても、痛みが残らないことも多いようです。症状が残る場合は、手首を回すと痛みが出ます。橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)より、骨癒合が悪く、ギプス固定期間を長くする必要があります。

179-1.jpg

尺骨は、前腕内側=小指側にある長管骨で、平均的には、男約24cm、女21~22cmです。
尺骨は、橈骨とは逆に上端部が大きく下端部が細くなっており、上端の滑車切痕で上腕骨滑車と肘関節を形成しています。
手関節の小指側で、少し飛び出た部分を尺骨茎状突起と呼んでいます。

交通事故では、自転車で交差点を横断中に自動車の衝突を受け転倒したなどで、発症しています。
尺骨茎状突起骨折そして偽関節では、茎状突起上部にあるTFCC損傷を合併することが多く、遠位橈尺関節に不安定性を生じ、手関節に可動域制限と疼痛が発生します。

179-2.jpg

尺骨茎状突起が骨折し、偽関節化しています。

 

XPで尺骨茎状突起骨折・偽関節は診断できますが、TFCC損傷の診断となれば、MRIもしくは関節造影検査が必要となります。

治療は、遠位橈尺関節に不安定性が認められるときは、尺骨茎状突起骨片の固定で対応、TFCC損傷を合併しているときは、関節鏡により縫合が行われています。
骨折・偽関節で痛みが激しいときは、骨片の摘出術が実施されます。

尺骨茎状突起骨折における後遺障害のポイント

1) 手関節の可動域制限は、茎状突起やTFCCの器質的損傷をMRIで立証すれば、認められます。
手関節の機能障害では、健側の4分の3以下で、12級6号です。

2) 手関節の機能障害の他、偽関節を立証することで、尺骨の変形障害として併合等級の獲得を想定します。

3) 橈骨または尺骨の一方に偽関節を残し、物を保持し、移動させるのに、硬性補装具を必要としないものは、長管骨に変形を残すものとして12級8号が認定されます。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら