ガレアッチ骨折

171-1.jpg

 

橈骨々幹部骨折に伴い、尺骨頭の背側に脱臼を生じたものをいいます。
先に説明しているモンテジア骨折の逆バージョンです。
XPで頭骨の骨折を確認しても、肘関節のXPを行わないと、尺骨頭の脱臼を見逃します。
血管や神経などの軟部組織が損傷していると後遺障害のポイントあるので、MRI、神経学的検査、関節鏡検査、筋委縮検査も必要となります。
成人では、保存療法ではなく、オペが選択されます。
整復が不十分では、回内・外運動に機能障害を残します。
橈・尺骨々幹部骨折、モンテジア骨折、ガレアッチ骨折における後遺障害のポイント
1)橈・尺骨々幹部骨折では、AOプレートとスクリュー固定が一般的であり、開放性の挫滅もしくは粉砕骨折でもない限り、偽関節や変形治癒の後遺障害を残さないことが通常です。
2)モンテジア骨折、ガレアッチ骨折でも、初診で脱臼が確認されており、骨折がAOプレートとスクリューで固定されたものでは、ほとんどのケースで後遺障害を残すことなく治癒しています。
3)問題は、脱臼が見逃されてそのまま放置されたものです。
症状固定段階のXPでも亜脱臼が確認できるような事案については、3DCTの撮影で亜脱臼を示すことで、肘の機能障害で12級6号が認定される可能性があります。
相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら