PLS(膝関節後外側支持機構:ひざかんせつこうがいそくしじきこう)の損傷

134-1.jpg

 

PLSは、LCL(外側側副靱帯)、膝窩筋腱と膝窩腓骨靱帯で構成されています。
PLSは、主に膝の外側の安定性、外旋安定性に寄与している重要な靱帯と腱の複合体です。

PLS損傷は、膝の靱帯損傷では少ない症例ですが、交通事故に代表される高エネルギー外傷では、複合靱帯損傷で発症しています。
単独損傷は少なく、特に、後十字靱帯損傷、膝関節の脱臼を合併したときは、膝窩動脈損傷、腓骨神経断裂などの血管・神経損傷が危惧されます。

PLS損傷は、急性期では、膝外側部に圧痛を認め、広範な腫れと皮下血腫を認めます。
PCL損傷、半月板損傷を合併しているときは、関節内血腫を伴います。
PLS損傷では、内反動揺性と回旋動揺性のいずれか、あるいは両方が見られます。
これらの動揺性を確認することにより、どの靱帯を損傷しているかが分かります。

内反ストレステストは、被害者を仰臥位で、完全伸展位と30°の屈曲位で行います。
30°屈曲位のみで関節裂隙が開大するときは、LCL単独損傷が疑われます。
完全伸展位でも、関節裂隙の開大が認められるときは、PLSの広範な損傷やPCL損傷の合併を疑うことになります。

LCL損傷でも、腓骨頭からの剥離骨折では、スクリューによる固定が行われています。
靭帯実質部での断裂は、LCL靱帯の縫合術が行われています。
大腿骨付着部での剥離骨折では、海綿骨スクリュー固定が実施されています。

実際のところ、LCL単独損傷は稀で、腸脛靭帯や広範な関節包の断裂を行うことが多いといえます。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら