半月板損傷(はんげつばんそんしょう)

129-1.jpg
膝関節には、関節を支え、左右前後のズレを防止している靭帯の他に、関節の動きを滑らかにし、クッションの役目を担当する半月板という組織があります。
大腿骨と脛骨の間に存在し、紋甲イカの刺身をイメージさせる色と硬さの軟骨のクッション、上下の圧力を分散し、関節軟骨を保護しているのです。
医学的には、細胞外線維性基質と呼ばれる軟骨の一種です。

交通事故では、横方向からの衝撃で、膝をひねったときに、半月板が大腿骨と脛骨の間に挟まれて、損傷、断裂するのです。
はね飛ばされ、着地する際に、膝関節が屈曲しつつひねりが加わると、水平方向のストレスが加わり、そのストレスで、半月板を部分的、あるいは全体的に断裂しています。

受傷直後は、疼痛が主症状であり、膝を伸ばすと、一瞬、引っかかるような違和感が常にあります。 大きな断裂で、関節内に半月板の一部がはまり込んだときは、関節がある角度から伸展できない状態、ロッキング症状となり、激痛と可動域制限で、歩行ができなくなります。
半月板の辺縁部には血管があり、損傷が、血管の辺縁部まで達したときは、関節内に出血します。
半月板の損傷部位に一致して膝関節部に圧痛や運動時痛が認められます。
内側半月板損傷のほうが、外側半月板損傷より多く発生するようです。

①マクマレー・テスト
仰向けで、膝を最大屈曲させ、ゆっくり足を動かすと、膝に激痛や異常音が聞こえます。

129-2.jpg

②グリンディング・テスト
うつ伏せで、膝を90度屈曲し、踵を下に押しつけながらまわすと痛みを発します。

129-3.jpg

上記のテスト以外に、単純XP撮影、CTスキャン、関節造影、MRI、エコーなどにより診断をしていますが、MRIがとても有効です。
関節鏡検査であれば、直接、半月板の損傷を確認することができます。

半月板の大部分は血液を送り込んでいる血管がありません。
そのため、半月板損傷に対する治療法は、温熱療法、関節内に直接ステロイドを注入する薬物療法、ヒアルロン酸の注入、痛み止めや消炎鎮痛剤等の内服、リハビリテーションなどの保存的治療が中心となるようですが、近年は、放置すると変形性膝関節症に発展するところから、手術が選択されることも多いようです。

半月板の単独損傷は少なく、交通事故では、前十字靱帯や内側側副靱帯の損傷を合併することが多く、関節軟骨の損傷を伴うこともあります。
逆に、前十字靱帯の単独損傷で膝部動揺関節が生じ、それが誘因となって半月板を損傷することもあるようです。

半月板損傷における後遺障害のポイント

1)近年は、関節鏡術が進化しており、機能障害で後遺障害が認定されることは少なくなっています。

2)問題となるのは、膝の打撲と捻挫と診断され、半月板損傷が見落とされたときです。
陳旧性となった半月板損傷は、関節鏡術でも後遺障害を残すことがあります。多くは、痛みを残しており、通常歩行に悪影響を与えています。
MRIで半月板の修復状況を明らかにすれば、12級13号、14級9号が認定されています。

3)半月板の再生について
基本的に再生することは無いようですが、半月板の再生治療が実現する可能性が高まっているようです。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら