下腿のコンパートメント症候群

119-1.jpg

 上・下肢の筋肉、血管や神経組織は、筋膜や骨間膜に囲まれており、この閉鎖された空間、構造をコンパートメント、あるいは筋区画と呼んでいます。
 下腿には、イラストで示すように、前部、外側、深後部、浅後部の4つのコンパートメントがあります。

※参考までに、前腕部のコンパートメントは、屈筋群、伸筋群、橈側伸筋群の3つです。
 前腕部に生じたものは、コンパートメント症候群ではなく、フォルクマン拘縮と呼ばれています。
 前腕部では、屈筋群が非可逆性壊死に陥り、その末梢に拘縮や麻痺を生じることが多いのです。

 交通事故による大きな衝撃で、この内部に出血が起きると内圧が上昇し、細動脈を圧迫・閉塞、筋肉や神経に血液が送れなくなり循環不全が発生し、筋・腱・神経組織は壊死状態となります。 この状態が長く続くと、元に戻らなくなってしまいます。
 元に戻らなくなることを、医学の世界では、非可逆性変化と言います。
 脛骨々幹部骨折に合併して、コンパートメント症候群を発症することがあります。
 
 下腿のコンパートメント症候群では、前脛骨筋、足の親指を伸ばす筋肉である長母趾伸筋、前脛骨動静脈・腓骨神経が障害を受けるのです。

 ①puffiness=著明な腫れ、
 ②pain=疼痛、
 ③pulselessness=動脈拍動の減少ないし消失、
 ④pallor=四肢の蒼白、
 ⑤paralysis=知覚異常、

 これら5つのPが認められれば、コンパートメント症候群です。
 初期症状を説明しましたが、最終的には、筋肉が拘縮してしまいます。

 治療では、ただちに筋膜の切開、血腫の除去が実施されます。
 安静や下腿を上にあげたりしますが、フォルクマン拘縮と同じく、一度コンパートメント 症候群が進み、筋肉の壊死までなってしまうと、基本的には治療法はありません。
 あくまでも、発生予防を心がけることになります。

下腿のコンパートメント症候群における後遺障害のポイント

1)脛・腓骨々骨幹部開放性骨折など、オペによる内固定がなされたときは、コンパートメント症候群を発症することは滅多にないようです。

注意を要するのは、脛・腓骨の閉鎖性骨折で転位が少ないときです。
非開放性で、転位のないときは、整復の上、ギプス固定がなされます。
被害者が下腿の疼痛を訴えるも、鎮痛消炎剤の投与で見過ごされたときは、時間の経過にしたがって、深刻な症状を来します。


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner