後遺障害認定のポイント108 アキレス腱断裂

108-1.jpg
108-2.jpg


断裂直後は、下腿後面のかかとのすぐ上の部分に凹が認められます。

診察台で腹ばいになり、膝を屈曲した状態でふくらはぎをつかむと、通常、足は天井に向かって底屈するのですが、アキレス腱が断裂していると、足は元の位置のままでピクリともしません。 
超音波やMRI検査であれば、断裂した腱を正しく把握することができます。

交通事故では、歩行中、突然、車が突っ込んできて、それを避けようとした際に、ヒラメ筋が急激に収縮すること、車の衝突を受けた際の、直接の外力によって、アキレス腱を断裂することがあります。

治療は、保存とオペの2つですが、保存療法が中心になりつつあります。
従来の保存療法では、8週間のギプス固定を行い、その後にリハビリを始めるとされていました。
しかし、これでは、治療期間が長く、筋力低下や腱の癒着が生じ、再断裂の可能性が高まることが指摘され、現在では、2週間の保存療法で、リハビリを開始する早期運動療法が主流となっています。
 
        108-3.jpg108-4.jpg


 局所麻酔下で、皮膚を5cmほど切開し、直視下にアキレス腱を縫合するものです。


アキレス腱断裂における後遺障害のポイント

1)これまでは、アキレス腱断裂の95%がオペによるアキレス腱の縫合であり、オペが一般的でした。
現在では、保存療法と早期リハビリで、オペと遜色のない治療効果を上げています。
それなら、なにも痛い目をしてオペを受けることもありません。
ただし、保存療法の泣きどころは、早期、受傷から5日以内の固定が必要なことです。
足を正しい角度で固定し、アキレス腱の再生を促す治療方法ですが、アキレス腱は、5日を経過すると腱の硬化が始まり、正しい角度で足を固定することが困難で、癒着する可能性が予想されるのです。

アキレス腱断裂では、保存療法で早期リハビリに対応している治療先を受診しなければなりません。

2)若年者であれば、後遺障害を残すことなく治癒するのが一般的です。高齢者では、アキレス腱部の痛みや足関節に運動制限を残すことが予想されますが、14級9号程度が想定されます。





 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner