後遺障害のポイント105 足根骨の骨折 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)

足底腱膜炎は、先の足底腱膜断裂の前段階、足底筋の一部の断裂や炎症です。

105-1.jpg

足底筋はアーチ状の構造を持つ足の骨に対して、弓の弦のように張られていて、ジャンプや走ることで、足が受ける衝撃を吸収する役目を担っています。
足底筋膜炎は主に、踵の骨の周辺に発生し、痛みを引き起こします。

足底腱膜炎の主な症状は、かかと周辺の痛みです。
この痛みは、踵を地面に付けたときに、増強します。
足底筋膜炎の治癒は、個人差、年齢差がありますが、早ければ3カ月、長くて2、3年です。

105-2.jpg

非ステロイド性抗炎症剤、NSAIDsやステロイド剤の投与で炎症の悪化を抑え、マッサージ、ストレッチ運動などで痛みを緩和させるリハビリが続けられ、日常歩行には、アーチサポートやヒールカップといった、足の構造を支援する装具を装着することもあります。

足底腱膜炎、足底腱膜断裂における後遺障害のポイント

①若年者、スポーツで鍛えている被害者は、これらの傷病名で後遺障害を残すことは通常はなく、3カ月以内で就労復帰、通常の日常・社会生活を過ごすのが一般です。

②高齢者では、リハビリの効果が得られず、痛みが長期化することがあります。
MRIの撮影で、炎症所見もしくは断裂を立証し、持続的な歩行時痛で、後遺障害を申請します。
画像による他覚的所見が認められていれば、14級9号が期待できます。

後遺障害では、いつの場合でも、画像所見が決め手です。
MRIで、炎症や断裂の器質的損傷が立証できれば、より確実といえます。


 


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner