後遺障害のポイント104 足根骨の骨折 足底腱膜断裂(そくていけんまくだんれつ)

交通事故では、バイクや自転車と自動車の出合い頭衝突で、着地の際などに、足の裏に強い衝撃がかかったとき、

大きな負荷がかかり、足底筋膜が断裂することがあります。

あしのほねなんだよ.gif

ほとんどは、踵骨に近い位置の足底腱膜が断裂しています。

また、足底筋膜断裂では、断裂した筋膜組織から出血し、内出血を起こし、内出血は、足裏の土踏まずの部分に拡がります。

 

受傷直後は、激痛で歩くことができず、みるみるうちに、足裏の内出血が拡がり、腫れが増大、土踏まず部分が、広く平に見えるので、診断は容易です。

エコー検査やMRIの撮影で、足底腱膜断裂を確認することができ、診断は確定します。

治療は、断裂部位の縫合術がなされ、その後、1カ月程度のギプス固定がなされます。

ギプスカット後は、足底板を装用し、リハビリが始まります。

平均的には、受傷から2カ月で就労復帰でき、青年であれば、後遺障害を残すことは少ないようです。

 


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner