後遺障害認定のポイント96)足根骨の骨折 距骨々軟骨(きょこつこつなんこつ)損傷

96-1.jpg96-2.jpg

 


















距骨骨折のところで、「距骨表面の80%は関節軟骨で覆われ、筋肉が付着していないこともあって、血流が乏しいのを特徴としています。」と記載しました。

足関節を骨のパーツで見ると、距骨は、脛骨と腓骨で挟み込まれるソケット構造となっています。

そして、距骨は、距骨滑車で脛骨や腓骨と、距骨頭で舟状骨と、前・中・後距骨で踵骨と関節面を形成しており、これらの表面は軟骨で覆われているのです。


              96-3.jpg


 

距骨々軟骨損傷は、距骨々折ほど重症例ではありませんが、足首の捻挫に合併する代表例です。

オレンジ色の線は、足首の捻挫で、伸びたり切れたりすることの多い前距腓靭帯です。

青い丸の部分は、距骨々軟骨損傷で痛みを感じるところです。



96-4.jpg96-5.jpg


 

足関節を、底屈時に、内返し捻挫すると、前距腓靱帯を損傷、断裂することも珍しくありません。

このときに、距骨と脛骨が衝突し、衝撃で、距骨内側の軟骨を損傷するのです。

背屈時の内返し捻挫では、腓骨と接する距骨外側で軟骨が損傷します。

軟骨損傷は、軟化に始まり、亀裂→分離→遊離と重症化していきます。

 

多くの整形外科医は、前距腓靱帯損傷を伴う足関節捻挫と診断しますが、専門医であれば、距骨々軟骨損傷を見逃しません。


96-6.jpg

①軟骨の軟化           ②軟骨の亀裂      ③軟骨の分離      ④軟骨の遊離

 

MRIにより、確定診断がなされています。

①②では、足関節のサポーターの装用、もしくはギプス固定で経過観察となります。

③④であれば、関節鏡により軟骨の除去術が選択されます。

関節鏡によるオペであっても、10日~2週間の入院が必要となります。

損傷の大きさとステージによって異なりますが、歩行は術後3週間で可能で可能となりますが、日常生活の復帰に約3カ月、スポーツの再開となると、45カ月を要します。

 

距骨々軟骨損傷における後遺障害のポイント

 

距骨々軟骨損傷の後遺障害は、損傷部の疼痛と、足関節の可動域制限です。

受傷直後に、専門医が軟骨損傷を診断、治療を行ったときは、後遺障害を残すことは少ないのです。

もちろん、交通事故外傷ですから、広い範囲に軟骨損傷が認められるときは、149号、1213号の痛みや、127号の運動制限を残すことも予想されます。

 

問題となるのは、足関節の捻挫、前距腓靱帯損傷で放置されたときです。

放置されたまま、第4ステージまで重症化すると、遊離した軟骨により、周囲の軟骨が損傷し、軟骨損傷の範囲が大きくなり、変形性足関節症を発症する可能性があります。


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner