94足根骨の骨折 距骨(きょこつ)骨折


足.gif

距骨(きょこつ)は、踵骨の上方にあり、脛骨、腓骨と連結して足関節を形成しています。

距骨表面の80%は関節軟骨で覆われ、筋肉が付着していないこともあって、血流が乏しいのを特徴としています。

骨折では、血行障害となり、壊死・偽関節・関節症変化による機能障害を残すことが多いのです。

交通事故では、自転車やバイクVS自動車の衝突で、転倒時に、背屈を強制され、脛骨や腓骨に挟まって骨折することがほとんどですが、自動車を運転中に、センターラインオーバーの相手車を発見、急ブレーキをするも間に合わず正面衝突を受けた例で発症するケースもあります。

ほね①.gifほね②.gif

上図の①②であれば、壊死も考えにくく底屈位で整復後、10週間のギプス固定で改善に向かいます。

しかし、③④は距骨下関節の脱臼を伴っており、重傷です。

③は壊死の可能性が考えられ、④になると、壊死は決定的です。

いずれも整復固定術により強力に内固定を行い、術後、ギプス固定⇒PTB装具となります。

 

受傷後6週間を経過すればMRIや骨シンチグラフィー検査で壊死の診断が可能です。

Hawkins 兆候=軟骨下骨萎縮が認められれば、血液循環が保たれていると考えられます。

徐々に部分荷重を開始し、骨萎縮像が消失したら全荷重とします。

骨萎縮像を認めないときは、PTB装具で厳重な免荷と自動運動を実施、骨萎縮像の出現を待ちます。

平均的には、次の経過をたどります。

23カ月でHawkins兆候の陽性=距骨滑車下の骨萎縮、

45カ月で距骨の硬化像、PWB=部分荷重によるリハビリが開始されます。

6カ月以降、骨梁の修復、様子を見てFWB=全荷重によるリハビリが開始されます。

 NWBは免荷、PWBは部分荷重、FWBは全荷重
くつ.gif
 

下腿骨の骨折などで使用される装具であるPTB装具により、膝蓋骨で体重を支持しますので、足はNWB、宙に浮いている状態です。

両方が同じ高さでないと歩行ができないので、健足にも補高が付けられます。
テンプレ.pngよくわかんないやつ.png

ナカシマメディカル

最近では、上記の人工距骨も臨床で使われ始めているとのことです。

壊死が多く荷重時期が遅くなるのであれば、人工関節も十分選択の範囲内と思われます。

 

距骨骨折における後遺障害のポイント

 

1)症状固定時期

距骨の骨折では、足関節の可動域制限が後遺障害の対象です。

ところが、オペ後、理想的な経過をたどっても、FWBまでに6カ月ですから、その後のリハビリを含めると症状固定までに、8カ月~1年以上が予想されます。

 

被害者が事務職であれば、PWB=部分荷重で就労復帰が可能ですが、現業職で、当面の配置転換が不可能なときは、就労復帰まで休業損害を請求することになります。

 

この環境で、FWB=全荷重まで待ち、この間、足関節の可動域を計測し続けます。

 

2)人工距骨に置換したときは、1011号の認定が想定されます。

 

3)無腐性壊死となり、足関節固定術が実施されたときは、87号が認定されます。


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner