後遺障害認定のポイント91 足根骨の骨折 外傷性内反足(がいしょうせいないはんそく)


足の裏が内側を向き、外側部だけが地についている状態を内反足と言います。
先天性のものが圧倒的ですが、交通事故外傷でも発症することがあります。

91-1.jpg

足関節の捻挫に伴って発症するものに、短腓骨筋腱縦断裂があります。
足の捻挫のあと、いつまで経っても外踝(くるぶし)の後部に疼痛があるときは、短腓骨筋腱断裂が疑われます。
上図は、オレンジ色が短腓骨筋、青色が長腓骨筋で、どちらも、足首を外へ返す働きをしています。 ○印は、外踝(くるぶし)の後部ですが、そこでは、長・短腓骨筋腱が並んで走行しています。
足首を内側に捻挫したとき、短腓骨筋腱は、長腓骨筋腱と外踝の骨である、腓骨の間に挟まり、ストレスがかかり、縦に断裂することがあります。
また、短腓骨筋腱が外踝の後ろで亜脱臼して、縦に断裂することもあります。
外踝の後ろで、短腓骨筋腱が断裂したときは、外踝の後部が腫れ、疼痛を発症します。

91-2.jpg

内反足は、外反扁平足とは逆の、「く」の字の変形をきたします。
足の内返しとともに尖足(せんそく)を伴うことが多いようです。

※尖足(せんそく)とは?
足の変形の一種であり、足の甲側が伸び、足先が下垂したまま元に戻らなくなった状態です。
踵(かかと)を地面につけることができないので、足先で歩くことになり、体幹の支持機能に悪影響をおよぼします。


外傷性内反足における後遺障害のポイント

1)外傷性内反足による後遺障害の等級

足部の後遺障害は、足趾の欠損もしくは用廃、足関節の機能障害が規定されているだけです。
足関節に運動制限が認められない場合、政令別表の規定により、他の後遺障害に準じて等級の認定を求めることになります。

2)外傷性内反足により、日常の生活でどのような支障が認められるのか、がポイントです。短下肢装具による矯正がなされているなら、約16時間も装用しなければならず、全力疾走は不可、僅かな距離の小走りがやっとの状態であり、歩行訓練を続けないと、筋力は目に見えて低下します。
10~12級の認定が想定されます。


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner