後遺障害認定のポイント89 足根骨の骨折 二分靱帯(にぶんじんたい)損傷

 
89-1.jpg

足関節捻挫は、腓骨と脛骨そして距骨が接する青○印部分で発生しています。
ところが、足関節捻挫でも、直近の別の部位を捻挫することがあるのです。
中でも、イラストのオレンジ色で示したY字型の二分靱帯が損傷することが多いのです。
二分靭帯は、かかとを構成する踵骨(しょうこつ)、立方骨と舟状骨を固く締結する役目です。
爪先立ちのような姿勢で、内返し捻挫となったとき、二分靱帯は損傷や断裂することがあります。
捻挫と思っていたら、二分靭帯が付着部分の骨、踵骨、立方骨、舟状骨で立方骨ごと剥がれることもあり、こうなると○○骨剥離骨折もしくは裂離骨折の傷病名となります。
診断は、XP検査が中心ですが、小さな剥離骨折では、CTが効果的です。

二分靱帯損傷で、損傷部が腫れ上がっているときは、足関節の捻挫と見分けがつきません。
しかし、整形外科医が丁寧に触診すれば、足関節と二分靱帯は部位が違うので鑑別ができるのです。

治療としては、最初はギプス固定、次に包帯固定に切り替えて2~3週間もすれば、腫脹や痛みは緩和され、後遺障害を残すことなく治癒します。
剥離骨折の治療は約4~6週のギプス固定となりますが、骨片が大きければ固定術が選択されます。
MRIで二分靱帯の損傷や断裂が確認されたときは、歩行時の疼痛が後遺障害の対象になります。

二分靱帯損傷における後遺障害のポイント
靱帯や腱の張力による裂離骨折、例えば、踵骨前方突起骨折は、足関節を捻挫したときに合併することが多い骨折でもあります。
足関節の強い内返し捻挫により、踵骨前方突起に付着する二分靱帯に強力な張力が加わり、この靱帯の引っ張りで踵骨前方突起が引き剥がされるように裂離骨折となるのです。
症状は、踵骨前方と舟状骨との間に圧痛や腫脹、皮下出血、荷重歩行時の疼痛などが現れます。
また足関節の内反や底屈動作を行うと疼痛が誘発されます。
治療は、4~6週のギプス固定が行われ、予後は良好で、後遺障害を残すこともありません。

では、単なる足関節捻挫と診断され、本骨折を見逃されると、どうなるのでしょうか。
見逃されたまま陳旧化すると、当然に疼痛が長期化します。
専門医であれば、陳旧例に対して、ステロイド剤や局所麻酔剤などの注射による保存療法が選択され、それでも疼痛が改善しないときは、裂離した骨片の摘出術が施行されます。



 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner