足根骨の骨折 立方骨(りっぽうこつ)圧迫骨折=くるみ割り骨折

 立方骨は、足の甲の真ん中から、やや外側に位置しており、前は小指と薬指の根元の中足骨、後は、かかとの骨=踵骨と連結して関節を形成しています。
 
 強い外返し捻挫により、立方骨は、踵骨と第4、5中足骨でクルミのように挟まれ、踵骨・立方骨関節面の軟骨下骨が潰されて骨折するのです。
 立方骨は足のアーチの要となる骨で、体重が乗ったときに、他の骨とともに衝撃を吸収する役割を果たしています。立方骨にゆがみが生じると足全体の構造が崩れ、扁平足をきたします。

 交通事故では、自転車やバイクVS自動車の出合い頭衝突で、生じることのある症例です。 骨折部の疼痛で12級の可能性もあります。


88-1.jpg






88-2.jpg

 
 XPでは、踵・立方骨関節面に沿って骨折線が認められます。
 初期のXPで発見できないときでも、骨萎縮が始まる3週間前後のXPで確認することができます。
 疲労骨折であれば、交通事故外傷として後遺障害の対象にはなりません。
 また、主として外返し捻挫を解説してきましたが、内返し捻挫の受傷機転では、二分靭帯による立方骨剥離骨折を発症することがあります。


立方骨圧迫骨折=くるみ割り骨折における後遺障害のポイント

1)大きな捻挫として見過ごされることが多い
立方骨圧迫骨折は、大きな捻挫として見過ごされ、放置されることが多いのです。
足関節捻挫と診断されたものの、疼痛が続いており、歩行困難をきたしているときには、立方骨骨折、踵骨前方突起骨折を疑い、専門医を受診した方が安心です。

2)受傷直後に、立方骨骨折が診断され、徒手整復後、ギプス固定、その後、硬性アーチサポートで外側縦アーチが保持されていれば、平均的には3カ月前後で骨癒合が得られ、骨折部に疼痛を残すことも扁平足に発展することもありません。
つまり、非可逆的な骨折でもない限り、後遺障害を残さないことが多いようです。

ところが、大きな足関節捻挫と診断され、湿布程度の処置では、リハビリを続けても疼痛の改善はなく、ひどい痛みが改善されないためCT撮影で立方骨骨折が発見されても、後遺障害が残ってしまうことが多いでしょう。
XP、CT 3Dで変形性骨癒合や扁平足を立証できるかが問題になります。これらが丁寧に立証されると、12級13号の認定が想定されます。


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner