86足根骨の骨折 有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)

外脛骨とは、足の内側にある過剰骨もしくは、種子骨の1つで、健常人の15~20%位に認められていますが、 骨の出っ張りが見られるだけで、痛みの症状がなければ、問題はありません。
なお、過剰骨とは、普通にはない、余分な骨と定義されています。




86-1.jpg

上のイラストは、足の内側部で、内側の骨の端に外脛骨があります。
舟状骨粗面という足の内側に、出っ張った部分があるのですが、その部分に後脛骨筋という筋肉がついており、この筋肉は、足の土踏まずを維持する上で重要な役割を果たしており、この筋肉が緊張することで、足のアーチが保たれます。
有痛性外脛骨による疼痛は、捻挫や繰り返される後けい骨筋の引っ張り作用で、外脛骨部分が舟状骨の部分から剥がれ、その部分で炎症を起こしたことにより発症しています。

局所の安静下で、鎮痛剤、温熱療法などの保存療法で疼痛の改善を目指します。
症状が長期化するとき、繰り返し疼痛が出現するようなときは、ギプス固定や足底板=アーチサポートを装着させるリハビリ治療が行われます。
大多数は保存療法で改善が得られるようですが、4カ月以上の保存療法を行っても、症状の改善が得られない、また、なんども再発を繰り返し、日常生活に支障があるときは、オペが選択されています。

オペは、外脛骨を摘出、舟状骨突出部も一部骨切りを行い、最後に支持組織である後脛骨筋腱と底側踵舟靱帯の再縫着を実施します。
これにより、運動痛は消失し、後遺障害を残すことはほぼありません。



 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner