後遺障害認定のポイント71)肋骨多発骨折の重症例 外傷性血胸

71-1.jpg


胸腔内の内圧は外気圧より低くなっており、外傷により、外から空気が入り込む、あるいは血液が貯留すると肺は虚脱、縮小し、強い呼吸障害を起こします。

空気が入り込むのが気胸、血液が貯留すると血胸、2つが合併していれば血気胸と呼ばれます。

 

肋骨を骨折する重大な交通事故では、骨折した肋骨が胸膜を突き破り、血気胸を発症することがあります。

胸部痛、呼吸困難、チアノーゼ、顔面蒼白、頻脈、四肢冷汗等の症状が発生するため、胸腔穿刺で空気を排除、腹腔ドレナージで血液を排出、胸壁創を縫合閉鎖する治療が行われるのが一般的です。

 

血気胸の治療後に肺が萎縮し、呼吸障害を残したときは、交通事故における後遺障害の対象となりますが、血気胸で後遺障害を残すことは少ないようです。

 

 

 


 

交通事故のお問い合わせはこちらから

交通事故相談のご予約はこちら048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 ご相談の流れはこちら

HOME  ●弁護士費用  ●交通事故問題解決の流れ  ●弁護士紹介

MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner