後遺症と後遺障害の違いについて

 「後遺症」とは、治療を続けても完治せずに残った機能的な障害や症状を言い、通常は医師がその有無を判断しますが、他方、「後遺障害」は、残存する障害に対して補償・填補を行うための基準となる法的な概念であり、自賠責保険の損害保険料算出機構や裁判所がその判断を行います。
 後遺障害の認定は、多くの場合、自動車損害賠償保障法(以下、「自賠法」と言います。)施行令に規定される別表が基準となり、事故による傷病が1級から14級までの等級のいずれに該当するか(又は該当しないか)を判断する形で行われます。

 なお、裁判所は必ずしも自賠法の基準に拘束されるわけではなく、そもそも後遺障害の等級自体を認定する必要はありませんが、実務上は、ほとんどの事案で、等級に関する判断が行われ、その際には、裁判所も自賠責保険の基準に準じた判断を行うことが多いです。
 ただ、裁判所は自賠法の基準に拘束されるわけではないため、裁判例の中には裁判所独自の判断によって後遺障害を認定するケースもあります。分かりやすい例を挙げると、局部の神経症状について、自賠法の基準では、12級か14級の等級しか該当するものがないにもかかわらず、裁判所が13級の等級相当として認定するようなケースもあります。

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時~22時 土曜10時~18時

交通事故に関する法律相談のご予約はこちら

  • 交通事故無料法律相談のご予約
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない・・・どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療で仕事に行けない…どうしたらいい?
  • 保険会社が厳しいことを言ってくる
  • 賠償金額がいくらになるのか知りたい
  • 後遺障害等級認定が取れるのか知りたい
  • 法律事務所との連携をお考えの方へ